smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEWS
・08/09/21 ブログランキング導入。邪魔だったら外す。

・08/09/20 ブログデザイン変更。
PROFILE
RECOMMEND
BLOG RANKING
SPONSORED LINKS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at | スポンサードリンク | -

- | - | pookmark

胃潰瘍で入院

時間がないので、結論だけ。

昨日から胃潰瘍で入院してます。

おそらく1週間くらいネットできないので、各返信が滞ります。

今はやっと2時間だけ外出許可がおりたので、自宅で入院準備中です。

ただかなりフラフラしてます。

at 15:16gyanmixi過去日記

comments(0)trackbacks(0)pookmark

退院

するよ。

ご心配・ご迷惑おかけしました。
コメント沢山ありがとうございます。
メールくれた人も。
帰ったら、頑張ってコメント返信します。
とりあえず言いたいことは、病気なんざするもんじゃーない。

at 10:46gyanmixi過去日記

comments(0)trackbacks(0)pookmark

胃癌

胃潰瘍になって先週退院したばかりの私に、電話が入りました。

「22日に診察を予定してましたが、至急、内視鏡での細胞再検査を受けて下さい。詳しくはまた来院された際に説明します。」

嫌な予感がしました。

11日に、再検査を受けに行きました。

会社を休んで行きました。

「入院1日目に取った細胞に変形が見られる。要するに悪性の可能性があります。また再検査結果が1週間後に出るので、身内の方をなるべく…というか絶対に連れてきて下さい。」

どうして身内を絶対に連れて来なければいけないんだろう。

嫌な予感がしました。

今日、再検査結果を聞きに行きました。

忙しいのに会社を休んで実家から母が来てくれました。

胃癌と診断されました。

こんなに私は元気なのに。

ライブで踊れるほど元気なのに。

夜行バスだって平気だったのに。

おなかだってすくのに。

母が泣いてました。

自分が病気っていう事も、もちろん悲しいけど、

周りの人達に迷惑しか掛けられない自分が、1番悲しくて悔しい。

お母さん、お姉ちゃん、お義理兄さん

同僚、上司さん、社長…会社のスタッフ全員…

担当取引先のスタッフさん…

急いで挨拶して、お願いして…。

来週月曜日に、地元に帰って、精密検査します。


夏フェスの予定も全て白紙になりました。

だけど、

サカナに会いたい。

ライブが観たい。


どうなってもいいから、夏フェスに行きたい。

at 22:07gyanmixi過去日記

comments(0)trackbacks(0)pookmark

治療のため帰省

帰ってきていきなりネットを開く私。
やらなきゃいけないことが沢山。

だいぶ暗い感じの日記で胃癌告白してしまいましたが、元気です。
多分、胃癌なんだっつっても誰も信じてくれない位、元気です。
油ものは避けてますが、それ以外は割と普通に食べてます。

あさっての朝に病院で診察。
そのまま入院かもしれないし、検査して後日入院かもしれない。
それまでは自分自身たいした自覚はないんだろうなぁと思います。

明日1日は自由です。何しようかな。
トイカメラ持って近所を散歩でもしてこようかな。

昨日は今までで1番空を飛べる夢を見た。
空を飛べる人の中でも1番飛べるからって理由ですごい狙われた。
追い詰められたところで起きたら、金縛りかってくらい、体が重かった。

というか、信じられないことばかり起こるなぁ。
これは夢なのかなぁ。
胃癌だってのに、今はすごく幸せ。

at 18:51gyanmixi過去日記

comments(0)trackbacks(0)pookmark

舞い戻ってきた\(^O^)/

検尿とー、血液検査とー、心電図とー、X線検査とー、肺活量検査ー。

あと問診。

胃、全部摘出らしいよ!!!

おかんがまた泣いた!!!

私結構あっけらかんと聞いてる!!!

だって胃癌の闘病記ブログ読んだし!!!

25日にCT検査。28日に透視?30日に結果発表&手術日決定。

手術予定は8月4日〜の8月上旬。

手術2日前に入院して、2週間ほどで退院。

私「どれくらいで普通の生活できますか…?」

先生「普通のレベルによりますねぇ」

私「野外のライブとか…」

先生「そーれは、辞めたほうがいいんじゃないですかねぇ…(苦笑い)」


    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

先生「回復力にも寄ります…」

が、頑張る!!!!
あたい頑張るから!!!!!
28日から行かせてええええええええええええええええええええええええええ

at 14:41gyanmixi過去日記

comments(0)trackbacks(0)pookmark

CTスキャン

14時から行ってきました。
具体的に中身書いちゃうので注射とか痛いのが苦手なチキンボーイはご遠慮を!

受付を済まして待合室へ。

名前を呼ばれて、上は何もつけずに検査着に着替える。
荷物を置くようのロッカーがあったのが印象的。
もっかい名前を呼ばれて、検査室へ。

ベッドに仰向けになって両腕上げた状態で、まーるいドーナツ状の機械に通された。
撮るときは、息を吸い込んで止めて撮る。

最初は造影剤なしバージョンで、2回。
次に造影剤ありバージョンで、3回。注射を打ちながら撮る。

検査技師「造影剤打つと体がカーーっと熱くなってきますけど、それは皆そうなので、気持ち悪くなったりしたら大声で言って下さい〜。」

おととい採血で左腕の折れる部分(普通なんという?)から針刺したので、
今回は手の甲から注射。

アルコール塗られた瞬間、手の甲からは痛いんだよな〜と思って苦笑い。

案の定痛くて、「ぅ…」と声を出す私。

(OдO;).o(つーかまじ痛いんすけど)

(OдO;)<痛いっす!!!!

看護士「あーでも腫れてないからちょっとこのまま続けさせてねー」

堯複炉妝蓮─砲ーん

(O皿O;)ぅぅぅ…

我慢してると、造影剤が入ってきた。とても分かりやすかった。

左腕からカーっと熱を帯びてきて、心臓、胃、右腕、指先、両足、足先、
どんどん熱くなって、伝わってくる。
足先まで熱くなって少し収まると、次にノドの付近がスースーと冷たい。

その状態で、ドーナツ状の機械に通っていく。

息をすって、止めて〜。を3回繰り返して、終わり。

注射針を抜いて、ズボンを上げて、着替えて検査は終了。

思ってたよりは辛くなかった。あと早かった。
時間にすると30分にも満たないんじゃないかな。

造影剤を出すために水分沢山取って下さいと言われた。

おかんが明日夏フェスに行っていいか、待ってる間に聞いてたらしい。
本人が調子いいなら、行っていいってさ。

わーい医者からも許可出たーい。
これで遠慮なく行けるお(^ω^)

at 16:02gyanmixi過去日記

comments(0)trackbacks(0)pookmark

胃透視

28日のお話。11時から。長いよ!

いつものように名前を呼ばれて検査室に入って、検査着に着替える。
今回はジーンズも脱いで、検査着1枚。

バリウム飲むのか、またゲップを我慢しなきゃいけないのか、とビクビクしてたが、
説明を受けるとどうやら鼻からチューブを通して胃液を除去した後に、
そのチューブからバリウムを入れるらしい。

飲まなくていいんだ!

嬉しかった。

まずは肩に、胃の動きを弱める注射。
人生の中でわりと針刺してる機会が多いけど、肩ってのが初めてで怖かった。
刺したときは痛くなかったのに、抜いた時にコットンでグリグリされてからが痛かった。
いつもはそんな事ないのになぁ。

次に鼻にシロップ状の麻酔を注入。
甘い匂いがする。
片方に入れた時点で片方の鼻の穴も差し出す準備してたが、よく考えたら片方で良かった。
目薬じゃないんだから。

バーのついてる台(多分200°位まで回転可能)に最初は、立った状態で乗る。
徐々に仰向けの状態にベッドが傾いてくる。

仰向けになったら、いよいよ鼻からチューブが入ってくる。

検査技師「喉を通るのが1番難しいので、ごっくんと飲み込むようにしてください、そこを通ったら、あとは胃カメラみたいに動かしたりすることないのでねー。」

そうか。胃カメラよりはラクなんだな!?

(O・・O*)よし、ばっちこーーーい!飲み込んでやるぜ!!!

麻酔してるので鼻が痛いということはないが、確かに喉元がちょとキツい。
でも今までの胃カメラに比べたら、マシじゃーーーい!!!と飲み込む。

ごくごく

検査技師「はい、上手ですねー。」

ありがとうございます。
褒められて伸びる子です。

検査技師A「綺麗だね」

検査技師B「綺麗ですね」

どうやら胃の中が綺麗だと話してる様子。
検査のために朝ごはん抜いていったのが良かったのかな。

チューブがズルズル鳴ってるので多分、胃液除去中。
その間、チューブを鼻の下で固定される。

検査技師A「胃壁を洗うためにお湯を入れますー。あったかくなりますよー。」

確かに。おなかあったかい。

検査技師A「バリウム100、空気150」

検査技師B「バリウム100、空気150ですね」

指示出しの声が聞こえる。

その度に、おなかが張ったり、おなかにヂュルヂュルと音がして軽い衝撃がする。

胃の中に空気が入るので、当然今回もゲップを我慢。

ちなみにゲップを我慢しなきゃいけない理由は、
胃の中に入ってる空気が出てしまって、胃がしぼんでしまうから。
胃をパンパンにして見やすくしてるので、しぼんでしまうと1からとなって患者にも辛いのです。

胃カメラの時は口からチューブが入ってて口を閉じられない分、
ゲップ我慢の難易度が高かったわけですが、今回の場合は、口が閉じれる!
もうほんとう、胃カメラの時と比べたら月とスッポンです。
余裕です、余裕。

一応、前知識を備えて検査に臨んでてたので、
ベッドがぐるんぐるんなるんだろうなぁと想像はしてたが、
ぐるんぐるんなるのは、体のほうだった。

検査技師A「横向いてくださーい。じゃあ私の方から横になってうつぶせになってください。」

ぐるんぐるんするっつっても、完全に己の力。

斜め横になったり、うつぶせになったり、その状態から台が斜めになったり。
寝てる状態から足をつかなきゃいけない状態に変化するので、足が、届かない!!
つまさき立ちで、プルプルしながら呼吸止めてカシャカシャ撮っていく。

思いのほか、台が動かない。自分の力で回る。

その上、思いっきり体をシェイクされる。

検査技師A「ちょっと揺らしますねー」

(((((゜ロ゜))))ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛

検査技師A「ちょっと揺らしますねー」

(((((゜ロ゜))))ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛

検査技師A「ちょっと揺らしますねー」

(((((゜ロ゜))))ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛

検査技師A「ちょっと揺らしますねー」

(((((゜ロ゜))))ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛

とにかく揺らされた。

5、6回揺らされた。

私の視界からも、透視してる様子が見えるんだけど、揺らされる度に胃も揺れる。
面白い。
そんで撮影の時に息を止める理由が初めて理解できた。

息を吸うと肺が下に下がって内臓も下に下がる。
息を吐くと肺が上に上がって内臓も上に上がる。

息を止めるのは、その動きを止めて、撮影レンズ内に胃を留める為。

なるほど。

その透視映像に合わせて、息を止める。
うまく撮影できたようだ。

ぐるんぐるん回ったり、シェイクされたり息を止めたりして、約30分で終わった。

今回キツかったのは、
自分が回る度に鼻から入れてるチューブが喉に当たって、少し吐き気がする事。
それでも胃カメラに比べたら、簡単なものだった。

かなりビビってたが、こうして胃透視は無事終了。
着替えて鼻の下にこびりついたカピカピの麻酔をとって、
あとはバリウムが出るの待ち。
下剤もチューブから入れておいてくれたらしく、飲む検査に比べてとてもやりやすかった。

バリウムが出たのは今日のことでしたとさ。
多分あんま水分を取らなかったのが良くなかった。
ずっとおなか痛かったからなぁ。

この検査、本来は口から全部飲みます。
バリウムも、胃を膨らませるための発泡剤も、検査後の下剤も。
だから辛いとよく言うのです。鼻からで助かった。

明日は15時半から診察。はーぁ、ドキドキ。

at 19:53gyanmixi過去日記

comments(0)trackbacks(0)pookmark

検査結果&手術日発表

お待ちかね!!!!

みなさんお待ちかねの検査結果っすよ!!!!!

待ってくれた人も、んなこと知ったこっちゃねー人も!

検査結果出たっすよ!!!!

ひっぱるのはあんまり趣味じゃないのでズバッと言っちゃうよ!!!!


肝臓や大腸への転移はなし!!!

手術日は8月8日(金)!!!(…でほぼ決まり)

入院日はおそらく8月6日(水)!!!

進行度は早期がんに毛が生えたようなものってことさ!

ちなみに、がんの進行具合はローマ数字で、ステージ機銑犬販磴┐蕕譴泙后
生存率は、I期が90.3%、II期が70.8%、III期が43.1%、IV期が12.5%。

私の場合はI期とII期の間位らしいです。
癌の出来てる位置が、胃の入り口付近の為、全摘なのは変わらず。

胃がんになった場合の胃の摘出範囲は、進行具合や深さに関わらず、場所に左右されます。
胃の下部だったら、上部を残すので何分のいくつとかって摘出の仕方になるわけです。
上部に出来てる場合に全摘になるのは、下部は残しててもあまり意味がないからだそうです。

胃全摘に伴い、脾臓(ひぞう)も合わせて取るそう。
先生が言うには大人になった場合に取ってもあまり影響はないそうだが…。

全摘するのはいいんだけど、
癌ってのは実はやっかいな事に切除してみないと深さが分からないものらしい。
だから術後も検査が必要。あぁ面倒くさい。3日位で退院できたらいいのに。

手術後1週間で奇跡的に回復してライジングサンに行けてレイさんやサカナやLOOPA NIGHTで踊り明かしてますようにどうか神様お願いします。

at 00:06gyanmixi過去日記

comments(0)trackbacks(0)pookmark

入院前日

明日は10時から病院行って、入院手続きをして、そのまま入院してきます。
友達で面会に来てくれる方もいるので面会時間の記載をば。

平日:14時〜20時 土日祝:11時〜20時

県でも大きい病院で、ドトールコーヒーまで設置してます。
ネットができる図書室もあるようなので、手術前まではそちらに行くつもりです。

手術するとなると、しばらく寝たきりのイメージだけど、
手術翌日からいきなり歩かされるらしい。

もし興味のある方がいれば、ふたりで書く胃がん日記という闘病記読まれるといいです。
包み隠さず書かれてて、読み物としても面白いです。

1番心配なポイントは「食」。

術後3日間程度は絶飲食、
それから飲水、
術後5〜8日で重湯から徐々におかゆ、と変わっていくのだという。

胃潰瘍の時もそうだったけど、食べる楽しみが奪われるのは想像以上に辛く1日が長い。
重湯やおかゆと言っても味が全くなくおいしくないので、思い出すだけで嫌気がさす。

しかもダンピング症候群という副作用が起こる可能性があるというから、さらに憂鬱だ。

────────────────────────────
外科手術の副作用
胃切除患者の一部は、食物や飲料が小腸に急激に流れ込むために、食事後に腹痛、吐き気、下痢あるいはめまいを引き起こす。この種の症状をダンピン グ症候群(dumping syndrome)と呼ぶ。食物に大量の糖分が含まれていると、この症状は悪化しやすい。ダンピング症候群は食事内容の変更で治療可能である。1回あたり の食事の量を減らし、食事の回数を増やすことや、糖分を多く含む食事を避け、たんぱく質の多い食事を取ることで改善する。ダンピング症候群を抑えるために 薬剤を投与することもある。この症状は3ないしは12ヶ月ほどで通常は消失するが、一部の患者はもっと長く続く。
引用元:wikipedia
────────────────────────────

ビタミンB12の摂取が出来ない為に起こる貧血。
低血糖によるめまい。
下痢による栄養失調。

これらを補う為に、薬や漢方にも頼らないといけないのだろうか。

実は昨日から、母と知り合いからの勧めで、楊貴芝というきのこを煎じた汁を飲まされている。
抗がん作用やアレルギー、体力増強にも効果があるらしい。
が、飲んだ次の日からさっそく風邪を引いてるやつがここにいる。どういうことだ。
しかも死ぬほど苦い。我慢して飲み続けるつもりだけど、効かなかったら怒るぞ。

退院後も、自分の体と相談しながら食べられる物を見極める作業になる。
上記のダンピング症候群を回避する為に、
食事を1日5〜6回の分食にし、良く噛んで食べなければいけない。

嫌だなぁ…。率直に、そう思う。
でも早く復帰する為だ。早くライブに行く為だ。早くサカナ(ry
気合入れていこう。

私の希望的観測としては18日に退院。
ライブに行けるのが29日。
入院前までの食事状態に戻れるのが約半年。

ライブに関しては、いい加減諦めろとお思いでしょうが、
それでも私には希望のひとつなので、諦め切れません。
RSRのチケットもどうしても転売できない。


実家からの書き込みは退院後まで、これで多分最後です。
おやすみなさい。

at 01:02gyanmixi過去日記

comments(0)trackbacks(0)pookmark

入院1日目

パソコンがめがっさ重い。IE使いづらい。
これ多分Windows2000だよ。実家のマシンより重いもの。

どうやら今日は検査は特になくて、のんびりしてて良いみたい。
明日から血液検査やら何やらするそう。

食事は普通のが出てます。
ちょっと量が多い。
そしてあまりおいしくない。

身長計ったら154cmだった!1cm伸びてたよ!

at 13:13gyanmixi過去日記

comments(0)trackbacks(0)pookmark


アクセス解析